トリキュラーの休薬期間は服用中止か偽薬を服用か

トリキュラーは低用量ピルの1つで、毎日同じ時間に服用したり服用の順番を守るなど、正しく使うことで高い避妊の効果を得ることが出来ますが、他の定量用ピルの中でも比較的、副作用が少ないことから他にも子宮係の治療や月経前症候群の治療等にも幅広く使われています。
トリキュラーは2種類あり、21錠タイプと28錠タイプがあり、どちらも女性本来のホルモンバランスに近付けた配合になっています。違いとしては休薬期間に服用を中止するのか、偽薬を服用するかになります。偽薬は偽が付くだけあって、薬としての役目はありません。なぜわざわざ休薬期間に服用するのかと言えば、継続してトリキュラーを服用する際に、次のシートの飲み忘れを防ぐためにあります。先述しましたが、正しく使用することで高い効果を発揮することが出来ます。正しく服用しない、つまりは服用することを忘れてしまっては避妊の効果や子宮系の治療等で高い効果を発揮することが出来ないと言えます。そのためシートを継続して服用する場合に、次のシートの飲み忘れを防ぐ必要があるのです。しかし休薬期間に偽薬とはいえども、薬のような物を服用することに抵抗がある人もいるかもしれません。また絶対に服用を忘れない自信がある人もいるかもしれません。その場合は21錠タイプのトリキュラー服用が向いているでしょう。
しつこいようですが、21錠タイプでも28錠タイプでも正しく使用することで高い効果を発揮します。休薬期間に次のシートを飲み忘れてしまうようなら28錠タイプ、偽薬に対して不安感があるのなら21錠タイプの様に、自分の性格を考え、どちらが自分に合うのかを考えてから選択するようにしましょう。