トリキュラーと保険適用可能なルナベルの違いとは

トリキュラーは女性が避妊を目的として飲む薬で、低用量ピルという種類になります。
トリキュラーなどの経口避妊薬は婦人科や産婦人科で相談すると処方してもらえるものですが、保険適用外の薬となるので、費用はそれなりにかかるということは覚えておく必要があります。
避妊を主な目的として服用する低用量ピルには色々な種類があり、トリキュラーはその中でも第二世代の3相性のピルになります。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていますが、その中で3相性のピルは、ホルモンの配合比率が3段階に変化するのが特徴となっており、子宮内膜が安定するので服用中の不正出血が起こる可能性が他の低用量ピルより少なく、きちんと生理が来るというメリットもあります。
そのため、トリキュラーは日本の女性によく使われている低用量ピルとなっています。
さて、トリキュラーのような低用量ピルには、飲んでいると避妊の効果だけでなく、生理による出血量や生理痛の軽減、大人ニキビが改善する、月経前症候群(PMS)の症状が軽くなるなどの副効用があり、それを主な目的として処方を受ける人も増えています。
そんな中、ルナベルLDは月経困難症の治療が目的の場合に処方してもらえるピルとなり、保険適用が可能なので安く手に入ることが魅力となります。
ルナベルLDは避妊目的では処方してもらえない薬ですが、生理痛に悩んでいてピルを利用したいなら、この薬の方が安価に入手出来るので、扱っている婦人科を探してみると良いでしょう。
また、ルナベルULDという、更にホルモンの配合量が少なくなっている超低用量ピルも発売されており、月経困難症の治療に使える上、動脈血栓が起こるリスクが軽減されていることや、吐き気や頭痛といった副作用が出にくいことが魅力です。
ピルには様々な種類があるため、自分の目的を婦人科で相談し、身体やライフスタイルに合うものを見つけることが大切です。