ネットで見るトリキュラーの副作用の吐き気は本当?

近年では女性の経口避妊薬として知られるようになってきた低用量ピルの一つにトリキュラーがあります。
トリキュラーは3相性の低用量ピルで、1つのシートに3種類の異なったホルモン量の錠剤が用意されています。これら3種類の錠剤は、身体の自然なホルモン動態に似せて作られたもので、ピルというホルモンバランスを薬によって整える状況をより自然に近いものにしています。
トリキュラーをはじめ、低用量ピルの副作用としてネットでよく見かけるものの一つに吐き気があります。実際、低用量ピルを初めて服用する人には見られることのある吐き気ですが、通常継続した服用によって自然と治まるものですので、過度に心配する必要はありません。また、トリキュラーは前述のように身体の自然なホルモン動態に近づけていますので、中用量ピルなどホルモン含有量の多いピルに比べると吐き気の副作用もおきにくいといえます。
吐き気以外の副作用としてネットでよく見かけるものには不正出血などがあげられます。不正出血は生理期間中ではないにもかかわらず出血が認められることですが、こちらの副作用も3か月程度継続して服用を続けると治まることがほとんどです。
吐き気や不正出血が数か月たってもおさまらなかったり、吐き気の程度が重度であったり出血量が多いといった場合には医師に相談して服用を中断するか、他の種類の低用量ピルに変えてもらうとよいでしょう。
低用量ピルはその種類によって微妙に含まれているホルモン量や種類が異なりますので体質に合う合わないがあります。逆に言えば、一つのピルが合わず副作用が出てしまっても他の種類に変えることで何の問題もなく使うこともできますので、ぜひ上手に活用してもらいたいと思います。

トリキュラーを服用するのにおすすめの時期とは

現代女性は昔の女性に比べて妊娠や出産、授乳などの回数や期間が少なく短いことから、体の不調を抱えやすい状態となっています。

特に、女性の社会進出が進んだおかげで、初潮から初めて妊娠するまでの時期も長くも30代以降で妊娠する人も即なくありません。

女性が社会で活躍するのはとても素晴らしいことなのですが、出産や妊娠、授乳を常に繰り返すことが体にとって自然であることには反しているため、重い生理痛や子宮内膜症、さらに若年性更年期障害などに悩む女性も増えてきています。

トリキュラーを始めとする低用量ピルは、排卵をなるべくしないことで卵巣を守り、また生理を繰り返すことで進行する様々な病気の予防などに役立っています。

もちろん避妊目的で服用する人も多いですが、女性の身体を守り常に快適な生活を送る上でも現代女性にとってピルを服用するのはとても大切なこととなってくるのです。

では、トリキュラーなどを服用するのにおすすめの時期とはどんな時なのでしょうか。

もし、現在仕事を抱えていていつか子供は持ちたいけれど今はその時ではないと考えている人には、その今こそ飲んでおくことが良いといえます。

トリキュラーを継続的に服用することで、排卵がなくなり卵巣が休止状態になるので、卵巣が傷つくことによっての卵子の劣化や老化なども低くなることが考えられます。

特に体に不調がなかったとしても、トリキュラーを服用することで来たるべき出産の時に備えて卵巣を休めておくことも重要と言えます。

また、pmsや生理痛がひどい人の場合は、服用することで症状が緩和されますし、ホルモンバランスが安定することでイライラや倦怠感などの少なくなり肌荒れやニキビなども改善されます。

トリキュラーを始めとする低用量ピルを服用することは、女性の体や心、美容を維持する上でとても有効な手段と言えます。