トリキュラーでバッチリ避妊

トリキュラーは経口避妊薬の一つで、低用量ピルといわれる薬の一種です。
トリキュラーを含む低用量ピルは、日本では一部を除いて保険適応外となっており、特に避妊目的で使用される場合はすべてが保険適応外となります。
また、薬局などでは購入することができず、国内で手に入れようとする場合は婦人科や産婦人科を受診するか個人輸入による購入が入手方法となります。
そこで利用したいのが個人輸入による購入という方法のひとつで、実はピルって通販で買えるんです!知っていましたか?この方法だと手軽で簡単に手に入ると評判になっておりますので、是非ご利用する事をオススメします。
トリキュラーを服用すると、身体のホルモンバランスが妊娠中と似たような状態になります。そのため、卵胞の発育がとまり、排卵が起こらなくなります。
排卵がないということは、仮に子宮内に精子が侵入しても授精する卵がないということですので、妊娠することは絶対にありません。
そのため、トリキュラーを服用するということは確実な避妊方法といえるのです。
ただし、トリキュラー服用中に下痢や嘔吐によって薬を吐き出してしまったり成分が吸収されなかったりした場合は本来の効果が発揮できず排卵が起こってしまう可能性がありますし、飲み忘れや飲み飛ばしがあった場合も同様のことがいえます。
また、あくまで排卵が起きず避妊効果を発揮するだけですので、性感染症の予防にはまったく効果を発揮しませんので、そういった意味では特定のパートナー以外との性交渉をするというのであればコンドームを併用した防御策を講じることが必要となります。
トリキュラーは高い避妊効果を発揮しますので、万が一コンドームがやぶれてしまったりといった可能性にもそなえて、女性も自ら避妊のために普段から服用しておくことが、望まない妊娠を防ぐためにも大切となります。
是非トリキュラーを正しく服用してパートナーとの生活をより充実したものにしてください。

トリキュラーの避妊効果ってどれくらい?

トリキュラーは、低用量ピルとよばれる経口避妊薬の銘柄のひとつですが、毎日1錠を決まった時間に飲むことを続けるだけで、避妊の効果効能が得られるという、女性にとってはたいへん便利なものといえます。
トリキュラーを正しく服用することによって、排卵が抑制されるとともに、受胎の準備のために子宮内膜が厚くなることも抑制されるため、性行為をしたとしても受胎が成立しなくなり、望まずに妊娠してしまうことは阻止されるわけです。
このような経口避妊薬の避妊効果については、医薬品として流通する以前の段階で、くわしい臨床試験が行われていますので、その結果により明らかです。
トリキュラーの臨床試験は、一般臨床試験と長期投与試験がありますが、総計924例のデータを用いて避妊効果を評価したところ、 3錠以上を飲み忘れてしまった4例については妊娠が成立し、要するに避妊に失敗したとされていますが、残りについては避妊に失敗した事例は認められなかったとのことです。
また、アメリカで発表された論文によれば、一般的な経口避妊薬が1年間にわたって理想的な状況で使用された場合の避妊の失敗率は、わずか0.3パーセントとしており、ここからも有用性のほどがうかがえます。
ちなみに、わが国でよく用いられている避妊方法であるコンドームについては、同じ論文のなかで、失敗率が2パーセントとされていますので、比較すれば歴然としています。
このように、すぐれた効果をもつトリキュラーですが、飲み忘れだけには注意しなければならないことから、本来であれば服用しなくてもよい期間にも、あえてプラセボ錠を服用するようにした、1か月分28錠入りのシートなども製品化されています。

トリキュラーの服用を止めると妊娠できる

トリキュラーは避妊や生理不順の改善などで服用する女性が増えています。
トリキュラーの服用をためらっている人の中には、避妊薬としての役割から服用することで不妊症になると考えることも多いです。
しかしトリキュラーは体内のホルモンを妊娠している状態にして排卵をストップさせるだけで、人間に備わった反応を利用しているので不妊の原因にはなりません。
むしろ子宮内膜症など不妊症の原因になる病気のリスクを下げるので、将来的に妊娠を希望する女性に与える効果は大きいです。
トリキュラーの服用を中止して最初に来る生理の後の排卵は正常に行われないことがあります。2周期~3周期で通常の排卵をするので、中止して1年以内に90%が妊娠できます。
出産するには高齢な女性や病気を治療するために中用量ピルを飲んでいる女性は排卵が正常になるまでに通常より長い時間がかかります。
トリキュラーを中止してすぐに妊娠すると、双子を妊娠しやすいです。
これは普通の排卵が行われなかったためと考えられています。
薬を服用していない健康な女性は左右の卵巣のどちらか一方から1個が排卵します。
しかし服用中止直後は排卵を全く行わなかったり、2個同時に排卵したりとバランスが崩れてしまいます。
双子は0.5%~1%の確率で生まれますが、トリキュラーの中止直後は2倍の確率に上がります。
しかし元々双子が生まれる確率は低いので、双子だからといって母親がトリキュラーを服用していたと判断することはありません。
周囲から推測されることはなく、通常の妊婦のように健康に気を付けて生活すれば、健康な赤ちゃんが生まれます。
きちんと排卵されているかは基礎体温を測り続けると分かります。
■トリキュラーの使用前の参考に
トリキュラー 飲み忘れ